マジマジョ&ファントミ、草津温泉へ行く(その8)

(「その7」へ戻る)


マジマジョ 愛乃 モモカ(演:三好佑季)                  
白雪 リン (演:隅谷百花(現おはガール、ガールズガールズ)) 
花守 ミツキ(演:鶴屋美咲(現おはガール、ガールズガールズ)) 
星奈 シオリ(演:小川桜花(現おはガール、ガールズガールズ)) 
虹色 ユリア(演:増田來亜(現おはガール、ガールズガールズ)) 
ファントミ 桜衣 ココミ(演:菱田未渚美(ガールズガールズ))       
明日海 サキ(演:山口綺羅(ガールズガールズ))        
紫月 ヨツバ(演:原田都愛(ガールズガールズ))        
紅羽 セイラ(演:石井蘭(ガールズガールズ))         


大滝乃湯へ行くには、西の河原露天風呂から再び湯畑方面へ戻る必要があります。

西の河原露天風呂から湯畑へ(http://sainokawara.com/access.htmlより)


「行きも良かったけど、帰りもやっぱりこの西の河原公園は癒されるね。」
都会ではなかなか味わえない森林浴と温泉の流れる景色は、何度体験しても新たな感動を呼び起こします。
「アレ?さっきここ通ったっけ?」
行きとは少し違う景色に気付いたセイラが、モモカに尋ねます。
「よく気が付いたね、セイラちゃん。西の河原公園は広いから、行きとはちょっと違うルートでみんなに楽しんでもらおうと思ってさ。」
モモカの粋な計らいにみんな感心します。
そしてしばらくすると、
「ここ、ここ。これは是非見ていって。」
モモカが立ち止まり、『鬼の茶釜』という石碑が立った場所を紹介します。

鬼の茶釜 石碑


「わぁ、きれい~。エメラルドグリーンのお湯がとても神秘的です。これはミステリーです、モモカ!」
魔法界でもなかなか見られない神秘的な光景に、リンが感動してモモカの手を取ります。

鬼の茶釜 エメラルドグリーン


「さっき露天風呂の中で、次は春か秋に草津へ来ようねって言ったけど、その頃はここもさぞかしキレイなんだろうね~。」
そう言ってミツキは目を閉じ、エメラルドグリーンの湯の周りに草花が咲き誇る景色を思い浮かべてうっとりします。
こうして帰りの道中も西の河原公園を満喫した一行。あっという間に湯畑へ帰ってきました。

湯畑から大滝乃湯へ(http://ohtakinoyu.com/access.htmlより)


さて、湯畑から西にあった西の河原露天風呂に対して、三湯目の大滝乃湯は湯畑から東にあります。ただ西の河原露天風呂とは違って比較的湯畑から近く、5分程の道のりです。
「じゃあみんな、このまま大滝乃湯へ向かうよ、レッツゴーッ!」
「オーッ!」
もうこのときには全幅の信頼をモモカに寄せていた一行。次はどんな感動が待っているのかと、期待で胸を膨らませてモモカについていきます。
大滝乃湯までの道のりは、西の河原通りとは違いあまり温泉街らしい様子がありません。狭い路地を抜けて、その後は車の走る道が続いています。
しかししばらくすると、
「え~、ここ可愛いッ!」
サキが1軒のジェラート屋を発見します。

グランデフューメ草津(https://grandefiume-kusatsu.com/より)


「さっすがサキちゃん、お目が高い。ここはイタリアンソフトジェラートとラスクが食べ放題のお店なの。しかも何と税込み500円ッ!」
「えっ、食べ放題で500円?かんっぜんに始まってるッ!」
サキのテンションは上がります。
「大滝乃湯ももうすぐそこだから、帰りにみんなで寄ろうよ。」
「賛成~ッ!」
そしてもう間もなく、一行は大滝乃湯へ到着します。

(「その9」へ続く)

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。