マジョカプリンセス奪還(その2)

(「その1」へ戻る)

マジマジョ 愛乃 モモカ(演:三好佑季)         
白雪 リン(演:隅谷百花(現おはガール) ) 
花守 ミツキ(演:鶴屋美咲(現おはガール)) 
星奈 シオリ(演:小川桜花(現おはガール)) 
虹色 ユリア(演:増田來亜(現おはガール)) 
    邪魔男爵(演: 遠藤憲一 )            
邪魔彦(演:細田佳央太 )          

・・・・・・・・・・

邪魔彦からの突然の面会の後、邪魔男爵は1軒のチョコレートショップへ向かっていました。そう、元ダメ之丞のいるお店へ。
「よう、久しぶりだなぁ、ダメ之丞!」
「邪魔男爵さま~、もうダメ之丞じゃないですぜ。今じゃ一人前のショコラティエですよ。」
「本当に立派になったなぁ。良かった良かった、もう夢を諦めるなよッ。それじゃなッ!」
「いやいや邪魔男爵さま、俺に何か用があったんで?」
(こんなキラキラしてる奴、負け戦には誘えねえよ…)
「いやいや、久しぶりにちょっとお前の顔見たくなっちまってよ。そうだ、ダメじゃないお前の作った自慢のショコラ、1個売ってくれよ。」

・・・・・・・・・・

(ムダ子、遅れちまった学校生活、ちゃんと楽しめよ。お前もちゃんとキラキラしてるじゃねえかよ。)
楽しそうに学校生活を送る元ムダ子を、遠くから眺める邪魔男爵。

・・・・・・・・・・

(ムリ太郎、最後に存分に笑わせてもらったよ。これからも、みんなにキラキラした笑いを届けてやってくれよ。)
アンコールに応えて再度壇上に上がる稲葉と元ムリ太郎。元ムリ太郎はなぜか客席に懐かしい邪魔男爵の気配を感じたのですが、幾ら見回しても見つかりません。気のせいだったのかなと、再びネタに没頭します。

・・・・・・・・・・

(みんなキラキラしてたなぁ。これがあのお嬢ちゃんたちの目指した世界か。こんなキラキラした世界にあのお嬢ちゃんがいないなんて何かおかしいよな。邪魔彦、お前の感覚は正しいよ。)

・・・・・・・・・・

「おーい!魔法界の連中よぉ~、邪魔男爵だぜッ!」
「邪魔男爵?一体何の用だ?」
突然の邪魔男爵の登場に、魔法界はざわつきます。
「邪魔界の再興のためによぉ、おめえらんとこのマジョカプリンセス、もらい受けに来たんだわ。ゴー、ジャマジックッ!」
そう言いながら邪魔男爵はおなじみのやかん付き杖を振りかざし、ミサイルを次々に発射します。
邪魔男爵の登場から数分で、モモカのいる館の壁のあちこちから煙が上がります。

・・・・・・・・・・

奇襲攻撃で最初は優位に見えた邪魔男爵でしたが、徐々に魔法界に押されていきます。それもそのはず、邪魔大帝だったときならともかく、ロイヤルフォームの5人と死闘を繰り広げたばかりの邪魔男爵に、ほとんど魔力など残されていなかったのです。
「邪魔界の者よ、消え去れいぃッ!」
そう言って放たれた魔法弾によって、邪魔男爵の杖が弾かれます。
(ここまでか、邪魔彦…。)

(「その3」へ続く)

2件のコメント

  1. ピンバック: マジョカプリンセス奪還(その1) – おはスタマジョピュア
  2. ピンバック: マジョカプリンセス奪還(その3) – おはスタマジョピュア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。