マジマジョVSファントミ(その1)

マジマジョ 愛乃 モモカ(演:三好佑季)                  
白雪 リン (演:隅谷百花(現おはガール、ガールズガールズ)) 
花守 ミツキ(演:鶴屋美咲(現おはガール、ガールズガールズ)) 
星奈 シオリ(演:小川桜花(現おはガール、ガールズガールズ)) 
虹色 ユリア(演:増田來亜(現おはガール、ガールズガールズ)) 
ファントミ 桜衣 ココミ(演:菱田未渚美(ガールズガールズ))       
明日海 サキ(演:山口綺羅(ガールズガールズ))        
紫月 ヨツバ(演:原田都愛(ガールズガールズ))        
紅羽 セイラ(演:石井蘭(ガールズガールズ))         


今回のお話は、今さらながらファントミ第7話「魔法戦士あらわる!」のifストーリーです(まああり得ない展開ですけど(笑))。正直もっと本編でマジマジョとファントミに絡んで欲しかったなという想いから作りました(映画ではもっと絡んでくれるのかしら)。
戦隊ものや仮面ライダーものだと、歴代のヒーローが集まって一緒に敵を倒すようなお祭り的な内容の映画がたくさんあるのですが、マジマジョやファントミはどうなのでしょう。ミラクルちゅーんずなんかも一緒にごちゃ混ぜだと、さらに面白そうなんですけどね(マギャク巡査の黒石高大さんはスイゾー役でミラクルちゅーんずにも出ていますし、大澄賢也さんも濃いめのキャラ(クリス前田、ゴンザレス前田)でシリーズまたがって出演していますしね)。
是非期待して待ちたいと思います。


「モモカ、ヘアアクセサリーどうしたの?」
ゴミ捨てから帰ってきたモモカの髪に、朝から付けていたポンポンのヘアアクセサリーの片方がないことに気が付いたミツキ。
「アレ?本当だ…。」
ミツキに指摘され、モモカは初めて片方のヘアアクセサリーをどこかへ落としたことに気が付きます。
ちょうどそのときでした。
「見つけた、魔法使いさん!」
サキとヨツバを引き連れたココミが、モモカを指さして遠くから叫びます。
ゴゴゴゴゴッ…
その瞬間、ファントミ陣営はともかくとして、マジマジョ陣営の中でただならぬ空気が流れます。
(何てことだ、モモカの正体がバレてしまった…。もうこうなったらやむを得まいッ!)
「オープン・ザ・マジョカワールドッ!」
ユリアはモモカ達の前に飛び出し、レインボーダイヤモンドへと変身します。
「モモカの正体を知ってしまったからには、お前たちには消えてもらう!」
「ちょ、ちょっと、ユリア!」
4人の制止を振り払い、ユリアはココミ達との距離を詰めながらマジョカアイリスを取り出し、
「マジマジョマジカルッ!バイバイエメラルド、ダブルッ!あいつらの存在をこの世から消し去れッ!」
そう言ってユリアから放たれた魔法弾は、一直線にココミ達へと向かっていきます。
普段は呑気しているココミ達もさすがに何かヤバい雰囲気を感じ取り、瞬時にファントミラージュへと変身します。
そのおかげで間一髪魔法の直撃は逃れたものの、ふわりと舞っていたココミの髪はそうもいかず、その何本かがジジジ…という異音と共に亜空間へと消されていきます。
「あ、あんな攻撃まともに食らったら、死んじゃうじゃない…。」
幸いにもかわせたから良かったものの、そうでなかったらと思うと…。ヨツバは青くなります。
「ちょ…、ちょっと、どういうつもりよッ!」
半分キレかかっているサキが、力の限りユリアへ叫びます。
「モモカの正体を知った以上、生かしては返さぬッ!」
ユリアは鬼の形相でサキに返答します。
「モモカの正体って何よ?あんたが勝手にマジマジョピュアーズに変身して正体晒しただけだろーがッ!」
ウンウンと頷くモモカ、リン、ミツキ、シオリの4人、そしてココミとヨツバ。
しかしそんなツッコミはもはや耳に入らないといった様子で、ユリアは第2弾のバイバイエメラルドを放ちます。
「マモルキー、セットッ!」
さすがに同じ手は食わないと、ヨツバがファントミリスティにマモルキーを装着し、その効果を発現させます。現れた大きなシールドに、バイバイエメラルドが弾かれていきます。
「何?私と同じような能力を…。」
驚くユリアの様子から今がチャンスと察知し、シールドの両サイドから飛び出たココミとサキ。
「次はこっちの番よッ!」

(「その2」へ続く)

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。